FERRARI 250 GTO WHEEL ADD-ON、初のビンテージエディション: 本物のウッドを使用した、THRUSTMASTER の新たな傑作

11.30.2017

 

レンヌ・フランス、2017 年 11 月 23 日 - 2017 年に 70 周年を迎える Ferrari 社。それに合わせ、Thrustmaster の目標は、この名門自動車メーカーの歴史とブランドイメージを反映した、最高品質のステアリングコントローラーをリリースすることでした。その 1 作目は、特にアイコニックな不朽の名作であり、55 年という長い年月を経ても少しも色合わせることのない「250 GTO」ステアリングホイールのレプリカモデルです。

 

 


伝説的マシンの魅力を忠実に再現
PC 用 Ferrari 250 GTO Wheel Add-On は、は、 1962 年から 1964 年に 3 年連続で GT 世界チャンピオンに輝いた伝説的マシン「Ferrari 250 GTO」のステアリングホイールの忠実な 8:10 スケールレプリカ (直径 33cm) です。Thrustmaster によるこのレプリカには、本物の Ferrari 250 GTO マシンと同等の高級素材を贅沢が使用されています。たとえば Ferrari 250 GTO Wheel Add-On には、フルメタル仕様のフェイスプレートと内部構造、クローム仕上げのロゴプレートを搭載しているほか、ステアリングホイールの外周部には高品質ウッドを採用し、中央に黒のリングが施された高級感溢れるスタイリッシュなデザインとなっています。これらの忠実なディテールの再現によって、ユーザーはあたかも 1960 年代にタイムスリップしたような感覚を得ることでしょう。Ferrari 250 GTO をゲーム Assetto Corsa (Ferrari 社 70周年記念のダウンロード可能なコンテンツパックの一部として入手可能)でテストするだけです。たとえば、Ferrari 250 GTO をゲーム「Assetto Corsa」 (Ferrari 社 70 周年記念ダウンロードコンテンツとして利用可能) をプレイするだけで、 重厚感と気品溢れる独自のビンテージレーシング体験に没入することができます。
ビジュアル面でも非常に優れたこの Ferrari 250 GTO Wheel Add-On は、美しいコレクターズギフトボックス入りで提供されるため、レーシングファンのコレクターズアイテムとして展示するのにも最適です。本物の Ferrari 250 GTO マシン (GTO = Gran Turismo Omologato = イタリア語で「壮大な旅」) も、相当のリミテッドエディションであり、1962 年から 1964 年の間にたったの 36 台しか製造されませんでした。そのため Thrustmaster は、これらのレプリカもその希少性をリスペクトし、リミテッドエディションとしてリリースすることを決定しました。

さまざまな製品との組み合わせに対応する高い互換性: 歴史あるカーレーシングの雰囲気を体験できます!
Thrustmaster Quick Release システムの採用により、Ferrari 250 GTO Wheel Add-On は PC (Windows 10/8/7) 上で  Thrustmaster T-シリーズのステアリングコントローラー、TS-PC Racer*、TS-XW Racer*、T-GT*、T500 RS*/**、T300 シリーズ*、TX シリーズ*、および TH8A Add-On Shifter* と互換性があります。TH8A Add-On Shifter を「H パターン」ギアシフトモードに設定して Ferrari 250 GTO Wheel Add-On と組み合わせて使用すると、ビンテージレーシング体験をさらに満喫することが可能: かつてのレーシングでは、コンピュータによる制御などはもちろんなく、ドライバーは自分の感覚だけを頼りに、エンジンが搭載する 250cc x 12 気筒のパワーを最大限に引き出すことを求められました。伝説的マシン「Ferrari 250 GTO」のこの数字もここに由来しています。

•    FERRARI 250 GTO WHEEL ADD-ON は、2017 年12 月 20 日に発売予定です。本製品の希望小売価格は 65599.99 Yen (税込み) となる予定です。

* 別売品
** ファームウェアのアップデートが必要です

Thrustmaster のドライバおよびファームウェアのアップデートは 弊社ウェブサイト https://support.thrustmaster.com/ よりダウンロード可能です。


プレス連絡先
[email protected]