T-GT II: PlayStation®4ゲーム機、 PlayStation®5ゲーム機と レースゲームGran Turismo™ Sportにおける 速度、精度、そしてリアリズム

06.23.2021

<< バック

レンヌ、2021623 — Thrustmasterは、PlayStation®5ゲーム機向けに正式にライセンス供与された最初のレーシングホイールであるT-GT IIの発表に感激しています。この新しいホイールは、(ちょうど4年前に発売された)Thrustmaster製T-GTをグレードアップしたバージョンで、PlayStation®4ゲーム機及びPlayStation®5ゲーム機でのGran Turismo™ Sportのプレイヤーに、利用可能な製品の中で最も、息をのむほどリアルなレーシングシミュレーション体験を提供します。

この新作のT-GTは、23,000時間以上にもわたる集中作業によって洗練され、完成しました。

ゲームプレイヤー達が肉眼で確認できないレベルでの精度と耐久性を実装するための、レーシングホイールの設計形状を改良することが課題であった結果、画期的なT-DCC(Drift Curve Calculation / ドリフト曲線計算)とT-RTF(Real Time Force feedback / リアルタイムフォースフィードバック)の各システムが導入され、新たな社内AEC-Q認定コンポーネントが搭載されるようになりました。

PlayStation®4PlayStation®5及びレースゲームGran Turismo Sportにおける

速度、精度、そしてリアリズム

 

ドリフト管理は、ドリフティング技術に特化した競技かラリーやGTスタイルのレースかのいずれかには関係なく、シミュレーションレーシングの卓越性を追求する上での必需品です。ドリフティングをうまく管理することが、その後に車の横滑りを注意深く制御する必要のあるすべてのドライバーにとって極めて重要です。

T-GT IIは、リアルタイムのドリフト曲線計算(T-DCC)を可能にする独自の技術を採用しており、それによりあらゆる状況下のゲームでホイールと自動車双方の応答性を維持します。この内蔵T-DCC機能により、ドライバーは非常に正確な移動を行うことに注意を集中でき、ハンドルを握りながら常に一歩先を走り続けることができるようになります。